亜鉛メッキ鋼とステンレス鋼の違い、業界ニュース
私たちはあなたのオンライン体験を改善するためにクッキーを使用します。 このWebサイトの閲覧を続けることにより、Cookieの使用に同意したものとみなされます。

亜鉛メッキ鋼とステンレス鋼の違い

ビュー : 1029
更新時間 : 2015-04-28 15:12:46
亜鉛メッキ鋼とステンレス鋼の違い

• 亜鉛メッキ鋼板

亜鉛メッキ鋼板は、鋼板表面の腐食を防ぎ、耐用年数を延ばすために、鋼板の表面に金属亜鉛の層でコーティングされています。このような亜鉛めっきを施した薄鋼板を亜鉛めっき鋼板といいます。亜鉛メッキ鋼帯製品は、主に建設、軽工業、自動車、農業、畜産、漁業、商業で使用されています。その中で、建設業は主に防錆工業用および市民用建物の屋根パネル、屋根グリルなどの製造に使用されます。軽工業では、家電シェル、民生用煙突、キッチン家電などの製造に使用され、自動車産業では、主に自動車の耐腐食性部品の製造に使用されます。農業、畜産、漁業は、主に食品の保管と輸送、肉と水産物の冷凍加工設備などとして使用されます。商取引は、主に材料の保管と輸送、包装機器などとして使用されます。


• ステンレス鋼板

ステンレス鋼とは、空気、蒸気、水などの弱い腐食性媒体、および酸、アルカリ、塩などの化学的に攻撃的な媒体に対して耐性がある鋼を指します。耐酸性ステンレス鋼とも呼ばれます。実際の用途では、弱い媒体による腐食に強い鋼はしばしばステンレス鋼と呼ばれ、化学媒体に耐性のある鋼は耐酸性鋼と呼ばれます。ステンレス鋼は、マルテンサイト鋼、フェライト鋼、オーステナイト鋼、オーステナイトフェライト(二相)ステンレス鋼、析出硬化型ステンレス鋼などに分けられることが多いです。さらに、クロムステンレス鋼、クロムニッケルステンレス鋼、クロムマンガン窒素ステンレス鋼など。ステンレス鋼の耐食性は、炭素含有量の増加とともに低下します。したがって、ほとんどのステンレス鋼の炭素含有量は低く、一般に 1.2% 以下であり、一部の鋼の Wc (炭素含有量) は 0.03% 未満です (00Cr12 など)。ステンレス鋼の主な合金元素は Cr (クロム) です。 Cr含有量が一定の値に達した場合にのみ、鋼は耐食性を持ちます。したがって、ステンレス鋼の一般的な Cr (クロム) 含有量は少なくとも 10.5% です。ステンレス鋼には、Ni、Ti、Mn、N、Nb、Mo、Si などの元素も含まれています。

関連 ニュース
詳しい情報を見る >>
Technological Innovations in Synthetic Resin Roofing Production Technological Innovations in Synthetic Resin Roofing Production
Dec .12.2023
When it comes to roofing materials, resilience and durability are key considerations. One of the latest breakthroughs in the production of roofing materials is the use of synthetic resin.
Design Trends in Roofing: The Rise of Synthetic Resin Design Trends in Roofing: The Rise of Synthetic Resin
Dec .12.2023
Roofing may seem like a straightforward aspect of a building's design and construction. However, it plays a pivotal role in the building's overall aesthetics and functionality.
Integrating Renewable Energy with Synthetic Resin Roofing Sheets Integrating Renewable Energy with Synthetic Resin Roofing Sheets
Dec .05.2023
The demand for energy-efficient and environmentally friendly solutions is rapidly increasing across the globe. With the growing concern for climate change, there is an urgent need to shift towards renewable energy sources. One industry that has been actively contributing to sustainable practices is the roofing industry. In this blog post, we will explore the integration of renewable energy sources with synthetic resin roofing sheets, and how this combination can lead to eco-friendly and cost-efficient roofing solutions.
Advancements in Synthetic Resin Roofing: Durability Meets Style Advancements in Synthetic Resin Roofing: Durability Meets Style
Dec .05.2023
The world of roofing has come a long way in the past few decades. What was once thought of as a purely functional component of a home has now become an essential aspect of its aesthetic design. From traditional shingled roofs to modern metal, glass, and even living roofs, there’s no shortage of options for homeowners looking to create a unique look for their homes. One of the most innovative materials on the market today is synthetic resin roofing, which offers a perfect balance between durability and style. In this blog, we’ll explore the advancements in synthetic resin roofing technology, its innovative features, the environmental benefits of using it, and some successful implementations worldwide.