亜鉛メッキ鉄板 亜鉛メッキ鋼板 鋼板サプライヤー
私たちはあなたのオンライン体験を改善するためにクッキーを使用します。 このWebサイトの閲覧を続けることにより、Cookieの使用に同意したものとみなされます。

亜鉛メッキ鋼のグレード

ビュー : 676
更新時間 : 2020-03-31 21:17:00
亜鉛メッキ鋼のグレード

亜鉛メッキ鋼板の一般的なグレードは、DX51D + Z、DX52D + Z、DC51D + Z、DC52D + Z、S350GD + Z などです。亜鉛メッキ鋼板または鋼板のグレードは、製品使用コード、鋼種コードの 5 つの部分で構成されます。 、鋼種特性、溶融亜鉛めっきコード(D)、+、一般塗装コード。


命名方法

1.冷間成形用亜鉛メッキシート

グレードの例:DX51D Z(またはZF AZ)、DC51D Z(またはZF AZ)、DD52D Z(またはZF AZ) DX:最初の文字Dは冷間成形用の平鋼を意味し、2番目の文字がXの場合は、基板のローリング状態が指定されていないこと。 2 番目の文字が C の場合、基材は冷間圧延基材として指定されます。 2 番目の文字が D の場合、基材が熱間圧延基材として指定されていることを意味します。 51 ~ 57: 2 桁 鋼種のシリアル番号を示します。 2 桁の後の D は、溶融亜鉛めっきのコードです。 Zは純亜鉛メッキ、ZFは亜鉛メッキ鉄合金、AZはアルミ亜鉛メッキを表します。したがって、DX51D Z は、製品が冷間成形、平鋼、素地の状態が指定されていない、鋼種のシリアル番号が 51、純亜鉛コーティング、熱間メッキ製品に使用されることを示します。

2.その他の亜鉛めっきグレードのネーミング例

S350GD Z: S は構造用鋼を示し、350 は指定された最小値を示します。降伏強度は350Mpa、Gは鋼の特性が指定されていないことを示し、Dは溶融亜鉛めっきを示し、Zはめっきが亜鉛であることを示します。
HX340LAD ZF: 製品が高強度平鋼の冷間成形に使用されることを示します。素地の状態は指定されていません。降伏強度は 340Mpa で、鋼種は高強度低合金鋼、亜鉛鉄合金コーティング、熱間メッキ製品です。
HC340 / 590DPD Z: 製品が冷間成形、高強度平鋼に使用されることを示し、基材は冷間圧延基材として指定されています。降伏強度は 340Mpa として指定されています。引張強さは590Mpaと指定されており、鋼種は二相鋼で、亜鉛メッキを施した純粋な溶融亜鉛めっき製品です。


表面品質のコード

普通面:FA
より高いレベルの表面: FB
高度な表面: FC


塗装表面処理

(1) クロム酸不動態化(C)およびクロメートフリー不動態化(C 5 ):この表面処理により、輸送および保管中の製品の表面の白錆を減らすことができます。クロムフリーのパッシベーション処理を行うと、パッシベーション フィルム隊の人間の健康を制限する必要があります。有害な六価クロム成分。
(2)クロム酸不動態油(CO)とクロムフリー不動態油(CO 5 ):この表面処理により、輸送中や保管中に発生する製品表面の白錆をさらに抑えることができます。
(3)リン酸塩処理(P)およびリン酸塩処理油(PO):この表面処理により、輸送および保管中に製品の表面に発生する白錆を軽減し、鋼板の成形性を向上させることができます。
(4)指紋防止フィルム(AF)、クロムフリー指紋防止フィルム(AF 5 ):表面処理により、輸送・保管時の製品の白錆を抑えることができます。クロムフリーのパッシベーション処理の場合、パッシベーション フィルムの戦隊は六価クロムの組成を制限する必要があります。
(5)オイルコーティング処理(O):保管・輸送時の白錆の発生を抑えます。塗布した防錆油は、転造油や後工程のプレス潤滑剤としては使用しないのが一般的です。
(6)無処理(U):この場合、鋼板やスチールベルトの表面は、輸送・保管・輸送時に白錆や黒点が発生しやすいので、使用者は慎重に選択する必要があります。

関連 ニュース
詳しい情報を見る >>
Technological Innovations in Synthetic Resin Roofing Production Technological Innovations in Synthetic Resin Roofing Production
Dec .12.2023
When it comes to roofing materials, resilience and durability are key considerations. One of the latest breakthroughs in the production of roofing materials is the use of synthetic resin.
Design Trends in Roofing: The Rise of Synthetic Resin Design Trends in Roofing: The Rise of Synthetic Resin
Dec .12.2023
Roofing may seem like a straightforward aspect of a building's design and construction. However, it plays a pivotal role in the building's overall aesthetics and functionality.
Integrating Renewable Energy with Synthetic Resin Roofing Sheets Integrating Renewable Energy with Synthetic Resin Roofing Sheets
Dec .05.2023
The demand for energy-efficient and environmentally friendly solutions is rapidly increasing across the globe. With the growing concern for climate change, there is an urgent need to shift towards renewable energy sources. One industry that has been actively contributing to sustainable practices is the roofing industry. In this blog post, we will explore the integration of renewable energy sources with synthetic resin roofing sheets, and how this combination can lead to eco-friendly and cost-efficient roofing solutions.
Advancements in Synthetic Resin Roofing: Durability Meets Style Advancements in Synthetic Resin Roofing: Durability Meets Style
Dec .05.2023
The world of roofing has come a long way in the past few decades. What was once thought of as a purely functional component of a home has now become an essential aspect of its aesthetic design. From traditional shingled roofs to modern metal, glass, and even living roofs, there’s no shortage of options for homeowners looking to create a unique look for their homes. One of the most innovative materials on the market today is synthetic resin roofing, which offers a perfect balance between durability and style. In this blog, we’ll explore the advancements in synthetic resin roofing technology, its innovative features, the environmental benefits of using it, and some successful implementations worldwide.