溶融亜鉛めっき鋼と電気亜鉛めっき鋼の違い
私たちはあなたのオンライン体験を改善するためにクッキーを使用します。 このWebサイトの閲覧を続けることにより、Cookieの使用に同意したものとみなされます。

溶融亜鉛めっき鋼と電気亜鉛めっき鋼の違い

ビュー : 881
更新時間 : 2022-10-13 09:20:00
溶融亜鉛めっき鋼と電気亜鉛めっき鋼の違い

1.外観の違い
電気亜鉛めっき鋼の表面は滑らかで、緻密で、亜鉛の花がなくても美しく光沢があります。
溶融亜鉛めっき鋼の表面は、凹凸があり、ざらざらしていて、光沢があり、白くなっています。一部の製品には亜鉛の花があり、ノックすると亜鉛-鉄合金層が細かく落ちる可能性があります.

2.適用範囲の違い
電気亜鉛メッキは小物部品に適しています。
大きな部品には溶融亜鉛めっきが適しています。

3.亜鉛メッキの厚みと重量の違い
電気メッキ亜鉛層の厚さは約10umで、亜鉛層は薄く、接着力は弱いです。それらの。亜鉛メッキ量は15g/m2、最大100g/m2です。
溶融亜鉛メッキ亜鉛層の厚さは約60umで、亜鉛層は厚く、接着力が強く、亜鉛層は剥がれにくいです。それらの。メッキ量は両面40~60g/m2、最大600g/m2です。

4.耐食性と亜鉛メッキ構造の違い
亜鉛めっきは溶融亜鉛めっきに比べて耐食性が悪く、屋内での使用に適しています。電気めっき亜鉛層の亜鉛原子は、金属部品の表面にのみ析出し、物理的な作用によって鋼帯の表面に付着します。気孔が多く、腐食性媒体により孔食を起こしやすい。
溶融亜鉛めっきは、電気亜鉛めっきよりも耐食性が高く、屋外での使用に適しています。溶融亜鉛めっきの純亜鉛めっきと鋼板素地の間には、やや脆い化合物層があります。純粋な亜鉛コーティングが結晶化すると、亜鉛の花が形成され、コーティングは均一で非多孔性になります。

5.コスト差
電気亜鉛めっきの小さな部品の価格は低く、大きな部品の価格は高くなります。大部分の電気亜鉛めっき亜鉛めっきのプロセスは複雑であり、亜鉛めっきの速度は遅く、コストはさらに増加し、経済的ではありません。
溶融亜鉛めっきの小型部品は価格が高く、大型部品は安価です。溶融亜鉛めっきは、溶融亜鉛めっき速度が速く、溶融亜鉛めっき量が多い。

6.環境汚染の程度の違い
亜鉛めっきは環境汚染が大きく、溶融亜鉛めっきは環境汚染が少ない

7.処理性能の違い
電気亜鉛めっき部品の処理性能は良好です。電気亜鉛めっきシートは冷間圧延シートを原料として使用し、基本的に冷間圧延シートと同じ処理性能を保証します。
溶融亜鉛めっき部品の処理性能は、電気亜鉛めっき部品ほど良くありません。溶融亜鉛めっき板と電気亜鉛めっき板の熱処理プロセスも完全に異なります。鋼帯は短時間で加熱・冷却されるため、強度や可塑性にある程度の影響があります。

関連 ニュース
詳しい情報を見る >>
Technological Innovations in Synthetic Resin Roofing Production Technological Innovations in Synthetic Resin Roofing Production
Dec .12.2023
When it comes to roofing materials, resilience and durability are key considerations. One of the latest breakthroughs in the production of roofing materials is the use of synthetic resin.
Design Trends in Roofing: The Rise of Synthetic Resin Design Trends in Roofing: The Rise of Synthetic Resin
Dec .12.2023
Roofing may seem like a straightforward aspect of a building's design and construction. However, it plays a pivotal role in the building's overall aesthetics and functionality.
Integrating Renewable Energy with Synthetic Resin Roofing Sheets Integrating Renewable Energy with Synthetic Resin Roofing Sheets
Dec .05.2023
The demand for energy-efficient and environmentally friendly solutions is rapidly increasing across the globe. With the growing concern for climate change, there is an urgent need to shift towards renewable energy sources. One industry that has been actively contributing to sustainable practices is the roofing industry. In this blog post, we will explore the integration of renewable energy sources with synthetic resin roofing sheets, and how this combination can lead to eco-friendly and cost-efficient roofing solutions.
Advancements in Synthetic Resin Roofing: Durability Meets Style Advancements in Synthetic Resin Roofing: Durability Meets Style
Dec .05.2023
The world of roofing has come a long way in the past few decades. What was once thought of as a purely functional component of a home has now become an essential aspect of its aesthetic design. From traditional shingled roofs to modern metal, glass, and even living roofs, there’s no shortage of options for homeowners looking to create a unique look for their homes. One of the most innovative materials on the market today is synthetic resin roofing, which offers a perfect balance between durability and style. In this blog, we’ll explore the advancements in synthetic resin roofing technology, its innovative features, the environmental benefits of using it, and some successful implementations worldwide.